白山開山1300年記念フォトジェニックを探す旅 うらら白山人×Favomag

むすびパワーをチャージコース

千年をゆうに超える遥かな時間、人々がずっと祈りを捧げてきた霊峰白山。その麓に広がる町や村には、白山の恵みやパワーを感じられるスポットや食べ物、飲み物に恵まれています。自然の味わいを楽しみ、心穏やかにめぐることで自分と向き合い、自分の心に素直になれる。白山をご神体とする神社、白山の水を用いた地酒、パン、昔の名残をそのままに残す町家、そして白山国立公園を通るドライブコース……体の内外から霊峰白山の「むすび」を感じられる、豊かな時間をこのコースで。

image

image

白山比咩神社

霊峰白山を神体山とする
広くて大きな神社に参拝。
悠久の歴史を感じます。

image

全国に約3000社ある白山神社の総本宮で、加賀一ノ宮でもある大きな神社は、なんと御鎮座2100年を越えるそう。天に向かってそびえる古木が境内を包み、とても静かで澄んだ空気と時間が流れています。一の鳥居から表参道のゆるやかな長い階段を上がっていくと、自然と心が穏やかに。途中には小さな滝「琵琶滝」や、樹齢約800年になる巨大な老木の御神木もあるんですよ。

image

主な御祭神は「菊理媛尊(くくりひめのみこと)」で、〈むすび〉の御神徳があるそう。恋、友人、仕事…私に必要なご縁をむすんでもらえますように。円環のつながりを示すような、まあるい形の絵馬にも願いを捧げて。

「あなたもしらやまさんに参拝かね」と地元の人から声をかけられました。不思議に思う私に「白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)は、白山(しらやま)さんって呼んどるよ」とのこと。この神社と白山は、本当にとても親しまれているんですね!祈るほどに心が澄んでいくような、不思議な神気に満ちています。


白山本宮・加賀一ノ宮 白山比咩神社
☎076-272-0680 白山市三宮町ニ105-1
▶︎MAP

 

image

image

小堀酒造

白山の水の恵みを受けた
めでたくて尊い酒造り。

image

image

江戸享保年間から続く老舗酒造店。約240年以上も経つ古い商家の家をそのままに、現在、中はショップになっていて、めでたくておいしい「萬歳楽」のお酒をはじめ、加賀梅酒や季節のお酒が美しく並んでいます。特に3種類の量り売り(充填販売)は蔵元直営ならでは! 全てのお酒が試飲可能なので、自分に合う味、大切な人にプレゼントしたい味がきっと見つかるはず。

こちらのお酒は、実際に白山比咩神社で全てお祓いを受けています。小さめですが、凛としたボトルで美しいですね。祓い清められた御神酒から、霊峰白山のパワーを受け取れると嬉しいな。

image

image

細やかな格子の外観はとてもレトロで雰囲気たっぷり。ノーベルナイトキャップで梅酒として初めて用いられた「加賀梅酒」など、有名なお酒も多く、海外の人も多く訪れているそう。酒造りには白山を源流とする清冽な水が使われ、大切に醸されたお酒には、白山のパワーをいただけそうです。


小堀酒造店
☎076-273-1171 白山市鶴来本町1-ワ-47
(営)10:00~15:00
(休)土日祝
▶︎MAP

image

横町うらら館

町の変遷を見守ってきた
昔ながらの町家で、ほっ。

image

鶴来町の散策はおだやかな雰囲気に満ちていて、歩くのが楽しくなります。その中でぜひ立ち寄りたいのが、ここ。約180年前に建てられた町家で、江戸時代は加賀藩の年貢米を管理する「蔵宿」、明治時代は集配郵便局、12代当主の時には町医者だったそう。現在は町に寄贈され、無料休憩所として広く開放。館内には当時の家財が今も残っていて、往時を感じられます。

image

玄関前では、地元の人がおしゃべりしていることも。「白山さんにはもう行ったかいね?」「はい、とても気持ち良かったです!」と、私も会話に混ぜてもらいました。何気ない会話が、この町の印象をステキなものに。

image

土日祝日の午後はプチ体験教室を開催されているそうで、ひのきのハートコースターや版画、お香、ハートの石など体験内容はさまざま。第3日曜なら石川県の伝統的工芸品に指定されている「檜細工」も体験できるそうです。どれも白山麓の風情を感じられて、かわいいものばかり。。


横町うらら館
☎076-272-0001 白山市鶴来新町タ1
(開)10:00~16:00
(休)年中無休(年末年始を除く)
▶︎MAP

image

あさひ屋

2014年で14年目を迎え、ご近所さんも外国人旅行者も通う鶴来町屈指の人気店に。食パンやバゲットはもちろん、ふわふわもちもの蒸しパンにカレーパン、キッシュ、旬の果物がたっぷりのタルトにデニッシュ…どれもが素材が重なり合って生まれる手作りのおいしさで、パン好きにはたまりません! お店の奥のイートインスペースはやさしい時間が流れていて、くつろぎながらパンを味わえます。


あさひ屋ベーカリー
☎076-272-4224 白山市鶴来本町1丁目ワ101−1
(営)7:00~19:00 (休)日・月曜
▶︎MAP

image

image

白山白川郷ホワイトロード

石川県と岐阜県を結ぶ車専用の観光有料道路で、白山国立公園内のドライブコース。石川県側から進むと「ふくべの大滝」「姥ヶ滝」など変化に富む7つの大滝が次々と見られて、場所によってはコーヒーや足湯を楽しめるスポットも。霊峰白山の美しい姿も見られ、春は新緑、夏は深緑、秋は紅葉…どれもが自然のパワーを感じられるほど、雄大で幻想的な景観に満ちています。


白山白川郷ホワイトロード
☎076-256-7341(白山林道石川管理事務所/石川県側)
白山市尾添地内~岐阜県大野郡白川村字鳩谷地内
(開)6~8月7:00~18:00(出口閉門19:00)、9~11月8:00~17:00(出口閉門18:00)ただし秋のモーニングタイム期間中(9月下旬〜10月下旬)は7:00開門。※通行期間外および夜間は通行不可、二輪車通行禁止
(料)軽自動車/片道1,400円・往復2,200円、普通車/片道1,600円・往復2,600円 http://hs-whiteroad.jp
▶︎MAP

image

image

mpvie


素朴さの中に深い歴史と神秘性も感じられる白山市の街は、触れるほどに「新しい魅力に」に気付いていく――霊峰白山を、白山市の街と人を巡るストーリー動画です。

mpvie

素朴さの中に深い歴史と神秘性も感じられる白山市の街は、触れるほどに「新しい魅力に」に気付いていく――霊峰白山を、白山市の街と人を巡るストーリー動画です。

pagetop