富山県内にある「恋人の聖地」認定スポット3選!好きな人とデートしませんか?

こんにちは、最近、夫とデートしていないFavomag編集部の高井です。
富山のみなさんはデートに行くなら、どちらへ行かれますか?

調べてみたら、「恋人の聖地」と呼ばれる場所が、富山県には3ヶ所ありました。付き合いたてのカップルにはぴったりのデートスポットですね!あ、夫婦でデート気分を味わいながらもいいですよ~。子供がいても大丈夫な場所です。それではどうぞ!

船の貴婦人と呼ばれた船を見学して、鐘を探そう【海王丸パーク】

富山湾に面する『海王丸パーク』は、「初代帆船海王丸」をシンボルとするベイエリアです。近くには2012年9月に開通した、日本海側最大級の斜張橋「新湊大橋」と、遠くにはスケールの大きい北アルプス立山連峰と、インスタ映するロケーションが楽しめます。

#ships #船 #富山湾 #海王丸

subsetu1002さん(@subsetu1002)がシェアした投稿 –


シンボルである「初代帆船海王丸」は、1930年2月14日なんと、セントバレンタインの日に進水されたのです。
純白の帆を広げた様子は、まるで「海の貴婦人」のようだと絶賛される優雅な姿。そんなことがきっかけで恋人の聖地として認められるようになりました。

近くに設置してある、「幸せの鐘 愛のタイムベル」を鳴らしていくカップルも多いそうです。この鐘は綺麗な真鍮色をしていて、光り輝き、不思議なパワーを持っているとか。船尾近くにあるタイムベルを探しましょう。このタイムベルは2月14日誕生した海王丸建造時のもので、大切な人と鐘を叩くと「いいことがあるかも」と伝えられているのです。

#恋人の聖地 #海王丸パーク

ken_altarfさん(@kenichi_sagara)がシェアした投稿 –


海王丸パークに「恋人の聖地」認定を記念したモニュメントが設置されています。記念モニュメントには様々な「仕掛け」があり、四季折々、昼間と夜間にLOVEソングのオルゴールが流れるんですよ!記念モニュメント除幕式にはなんと「キセキの虹」も舞い降り祝福してくれたとても恋人の聖地として縁のある場所なのです。

青い空に白い帆が綺麗な昼間、夕陽が沈むころに赤い光と黒い影のコントラスト、夜はライトアップされた「新湊大橋」を眺めながら、ロマンチックな風景を1日中楽しめることができるスポットになっていますよ!

海王丸パーク

住所富山県射水市海王町8番地
TEL0766-82-5181
営業時間9:30~17:00
※海王丸に乗船できる時間帯は、季節によって異なりますので、事前に確認をお願いします。
定休日毎週水曜日 (水曜日が祝日の場合は木曜日が定休日)
年末年始(12/29~1/3)
乗船料金小中学生・・・200円  大人(高校生以上)・・・400円 未就学児・・・無料
ファミリー券 (大人1名+小中学生1名)・・・500円
Webサイト公式HP

 

富山県小矢部市にあるクロスランドおやべに恋人の聖地あり!【クロスランドタワー展望フロア(ハートアイランド)】

石川県に近く、高速道路が十字に交差する小矢部市。クロスランドおやべは、「文化ホール施設」と「都市公園施設」を併せ持つ、複合型施設です。

#クロスランドおやべ #恋人の聖地#丸亀

sachiko oomiさん(@nenemomo222)がシェアした投稿 –


そのクロスランドおやべにある地上100mもあるクロスランドタワーの展望台が「恋人の聖地」として認定されています。展望台からは雄大な立山連峰や時折通過していく北陸新幹線。市内に点在するメルヘン建築が一望できます。タワー展望フロアは、平日8:00~21:00の間、貸し切りご利用も可能なので、男の一大決心をするときに利用したら、きっと彼女は喜んでくれるんじゃないかな~。

そうそう、恋人の聖地として、欠かせない【南京錠】、ここにはあります。
ハート型の南京錠にメッセージを添えて、南京錠のカギはお互いに持ち合ってくださいね。恋カギは、チケット窓口で購入できます。


また、足下に視線を落とせば、オアシスの海(池)に浮かぶハート型の島が見えます。これが恋人の聖地として認定された所以です。
オアシスの海に浮かぶ、ハート型の島「ハートアイランド」には、カップルで鳴らしてもらいたい「恋かね」があります。
タワー展望フロアの「恋かぎ」と一緒に想いを込めれば、二人の絆もより深まりますね。

週末やイベント時にはライトアップされたタワーを見ることができます。とても幻想的で、冬のイルミネーションスポットにもなっています。

クロスランドタワー展望フロア(ハートアイランド)

住所富山県小矢部市鷲島10 [MAP] 北陸自動車道小矢部ICから車で10分
能越自動車道小矢部東ICから車で7分
TEL0766-68-0932
営業時間【平日】10:00~18:00(終了30分前まで受付)
【土日祝】10:00~21:00(終了30分前まで受付)
定休日水曜日(祝日の場合は翌日休館)
年末年始(12/29~翌年1/3)
入館料一般(高校生以上)420円、小・中学生 210円、幼児(3歳以上)100円
Webサイト公式HP

 

サービスエリアにも恋人の聖地がある!【北陸自動車道の有磯海(ありそうみ)サービスエリア(下り線)】

有磯海(ありそうみ)とは、富山湾のことを指すといわれ、大伴家持が詠んだ歌に由来する枕詞です。奈良時代の頃から有磯(ありいそ)と呼ばれていた富山湾は、春は蜃気楼やホタルイカの郡遊が見られるロマン溢れる海を見渡せる場所が、有磯海サービスエリアなのです。

台風が来る前に。 いいお天気。 #家族旅行#有磯海サービスエリア

@sarai0521がシェアした投稿 –

サービスエリアなので、グルメもちょっとご紹介。富山湾で有名な蜃気楼をイメージしたソフトクリームがここのサービスエリアでいただけます。富山湾の深層水と岩塩をブレンドした水色のソフトで、ミネラルたっぷり。甘すぎないさっぱりとし塩味が人気です。

そして、「ホテルニューオータニ高岡」のレストランが併設されているので、チェックです。売れ筋ナンバーワンのホテル手作りのますの寿しは食べて損なし!厚みがある身をしたマスとふっくら美味しい越中米をくま笹が包み込んでいます。


サービスエリア内の展望台からは、昼間の晴れた日には、輝く水面や遠く能登半島まで一望できます。明け方にはイカ釣り漁船の漁り火が見えることもあります。そして、カップルが多く集まるのは、夕暮れ時。あかね色に染まる空が、次第に色を濃くして沈んて行く太陽。眼下には魚津・滑川市街の夜景が広がり、とっても雰囲気があります。

感動の夕日!!

@sakuramame42がシェアした投稿


西の空が赤く染まってくる頃、展望台はとびきりロマンティックなスポットになります。二人並んでベンチに座って夕日を眺めていると、自然と手をつないで二人の絆を深めていきます。もう言葉はいりません。万葉の時代から有磯(ありいそ)とよばれる「ロマンの海」富山湾に向かって、二人の愛を誓ってみましょう。

有磯海(ありそうみ)サービスエリア(下り線)

住所富山県魚津市湯上字三ツ穴割848
北陸自動車道滑川ICより7.1km、魚津ICまで2.2km
TEL076-471-2901
コンシェルジュ営業時間【平日】9:00~18:00 【土日祝】9:00~19:00
定休日無休
Webサイト有磯海SA

 

富山の恋人の聖地は、景勝地になっていますね!

いかがだったでしょうか。船といい、タワーといい、サービスエリアといい、空と帆のコントラストが写真映えしたり、眺めが綺麗だったり、夕陽が眺められたりと、恋人とならデートで行きたいスポットですね!いや、プロポーズにもピッタリの場所だと思います。一人で興奮してしまいました。ぜひ、デートコースに入れてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. この夏行きたい、石川県で白山のパワーを感じるスポット・白山比咩神社と那谷寺

  2. 高岡市で1日限定のスペシャルイベント!9月10日は高岡パン祭り開催しました

  3. 石川県能美市、8月19日辰口まつり開催間近!辰口エリアに遊びに行こう

  4. 富山のものづくりに気軽に触れよう!子どもから大人も楽しめる産業観光施設 全7選

  5. 石川県金沢市のパワースポットめぐり!金運・子宝・縁結び・恋愛まで神社やお寺をまとめて紹介!

  6. 金沢市の見どころ!長町武家屋敷跡の周辺観光地散策スポットを紹介!野村家に体験型まで!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Missing argument 2 for Posted_Display_Widget::widget_title_filter(), called in /home/storeink/favo-mag.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286 and defined in /home/storeink/favo-mag.com/public_html/wp-content/plugins/wp-posted-display/includes/wp-posted-display-admin-widget.php on line 352

Warning: Missing argument 3 for Posted_Display_Widget::widget_title_filter(), called in /home/storeink/favo-mag.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286 and defined in /home/storeink/favo-mag.com/public_html/wp-content/plugins/wp-posted-display/includes/wp-posted-display-admin-widget.php on line 352

Google翻訳対応


Warning: Missing argument 2 for Posted_Display_Widget::widget_title_filter(), called in /home/storeink/favo-mag.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286 and defined in /home/storeink/favo-mag.com/public_html/wp-content/plugins/wp-posted-display/includes/wp-posted-display-admin-widget.php on line 352

Warning: Missing argument 3 for Posted_Display_Widget::widget_title_filter(), called in /home/storeink/favo-mag.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286 and defined in /home/storeink/favo-mag.com/public_html/wp-content/plugins/wp-posted-display/includes/wp-posted-display-admin-widget.php on line 352

スポンサーリンク