金沢の温泉おすすめランキング7選!宿泊&日帰り温泉が楽しめる旅館

こんにちは、Favomag編集部の北村です。
今回は、金沢の温泉、湯涌温泉を紹介します。
金沢の奥座敷として知られる湯涌温泉は山々に囲まれ、心にやさしい癒しの空間です。
それでは、見ていきましょう。

金沢の温泉 湯涌温泉


北陸新幹線開業から多くの観光客が世界中から集まる、今最もアツいスポットのひとつ金沢。
そんな金沢には、おすすめの温泉旅館が多いんです!

金沢の美味しい日本酒に美味しい料理、そして源泉温泉。特におすすめなのは、金沢で唯一の温泉街がある「湯涌温泉」。
北陸新幹線の終着点である金沢駅からも、車で約30分・バスで約50分(800円)というアクセスの良さも魅力的ですね。

忙しくて一泊はできないという方必見!実は県外の方でもゆっくり日帰りができる旅館があるんです!
今回は、そんな日帰りOKな施設オススメ7選をご紹介しちゃいます!

湯涌温泉は、金沢の奥座敷って言われているそうですよ。

湯涌温泉観光協会

住所石川県金沢市湯涌町イ1番地
TEL076-235-1040
Webサイト湯涌温泉公式HP

高級 老舗旅館 『湯涌温泉 あたらしや

#湯涌温泉あたらしや#金沢

@myu_muu285がシェアした投稿 –


大正時代から続く『あたらしや』は、およそ250年の歴史ある老舗旅館。
「星空の降りそそぐ宿」をキャッチフレーズにしていて、まさに絶景のロケーション!
1日8組限定の宿なので、周りの人を気にせず、ゆっくりと絶景を贅沢に味わえちゃいます。

女性ウケも良い美食の数々。専属パティシエがいるのでスウィーツも人気!

【料金】
●部屋食付 5,500円(税抜)

ここのロケーションは抜群!ぜひ、カップル・家族で行ってみてください。

湯涌温泉 あたらしや

住所石川県金沢市 湯涌荒屋町89-2
TEL076-235-1011

竹久夢二の世界観が感じられる。『お宿やました』

「出典:お宿やました公式HP http://oyado-yamasita.com/cuisine.html

湯涌温泉の一番奥に佇む、金沢の奥座敷。画家にして詩人の「竹久夢二」が宿泊した有名な温泉旅館なんだそうです。
金沢ならではの地元食材や美しさにもこだわった懐石料理と世界三大名泉に数えられたことがある温泉も魅力のひとつ。

温泉の良さは勿論、夢二ゆかりの作品を集めたちょっとしたギャラリーもあって、夢二のアートのもつノスタルジックな世界観も満喫できますよ。

【料金】
●昼食付日帰りプラン 6,796円~
●夕食付日帰りプラン 9,496円~

竹久夢二氏は詩人画家で、金沢湯涌夢二館があるほど金沢に縁がある人なんです。
湯涌温泉に来た際にはその施設にも行ってみてください〜!

お宿やました

住所石川県金沢市湯涌町イ165−1
TEL076-235-1021
チェックイン15:00〜19:00
チェックアウト〜10:00
Webサイトお宿やました公式HP

貸切風呂でゆっくりと過ごせる『かなや』

「出典:金沢湯涌温泉 かなや公式HP http://www.yuwaku-kanaya.com/

金沢の食材にこだわった美味しい会席料理と、良質な温泉を気軽に楽しむことができる贅沢な日帰りプランが魅力的。

ちょっと高級な日帰り温泉を楽しみたいなら、『かなや』がおすすめです!

【料金】
●昼食付プラン 6,000円(税抜)~
●夕食付プラン 8,000円(税抜)~

ちょっと贅沢ができていい感じ!ゆっくりするなら、家族より友達と来たいかも?

かなや

住所石川県金沢市湯涌町イ56
TEL076-235-1211
Webサイトかなや公式HP

おすすめ人気の格安『金沢湯涌ゲストハウス』


気軽に温泉に入りたい!温泉以外にも街ブラをし食事を楽しみたい!
という観光客におすすめしたいのが『金沢湯湧ゲストハウス』!

休憩利用の場合、2名以上の利用だと1名あたり1,500円とリーズナブルに源泉温泉が味わえちゃいます。

館内で休憩も出来て、プチぷら旅行でも温泉に入れちゃうなんてうれしい!

【料金】
●2名利用で1名1,500円(1名利用の場合2,000円)

ちょっとリーズナブルに旅行気分を味わうなら、ここがオススメ。
休憩施設もあるし、家族でゆっくりできそうです!

金沢湯涌ゲストハウス

住所石川県金沢市湯涌町イ52-1
TEL076-235-1006
Webサイト金沢湯涌ゲストハウス公式HP

立ち寄り湯がリーズナブルに入れる。『金沢・湯涌温泉 銭がめ』


加賀藩主・前田利家公の鷹狩りの休息所として使用されていた建物を使った温泉施設。
館内は囲炉裏や火鉢テーブルがあるお食事処もあって、昔ながらの雰囲気を存分に味わえる人気スポット!

山の幸を使用したランチも美味しい。
そして肝心な温泉はというと、古代檜風呂の大浴場。

窓からは美しい緑豊かな自然の風景が楽しめちゃう!

とってもリーズナブルな立ち寄り湯も魅力的。

【料金】
●立ち寄り湯 550円

館内には囲炉裏や火鉢があって、
タイムスリップした感じが味わえ、なんだか懐かしいです。

金沢・湯涌温泉 銭がめ

住所石川県金沢市板ケ谷町イ50
TEL076-235-1426
Webサイト銭がめ公式HP

昼食日帰りと温泉を満喫できる 『金沢の奥座敷湯涌温泉湯の出旅館』


緑豊かな自然に囲まれた風情のある温泉旅館で、なんといっても大浴場の開放感が魅力。
ガラス張りの窓から眺めるロケーションが最高!

そしてうれしい露天風呂もあるよ。

【料金】
●昼食付プラン 5,000円(税抜)~
●夕食付プラン 8,000円(税抜)~

梅を形どった御影石のお風呂があったり、ヒノキのお風呂があったりと珍し楽しいですね。

金沢の奥座敷 湯涌温泉 湯の出旅館

住所石川県金沢市湯涌荒屋町77-2
TEL076-235-1016
Webサイト湯の出公式HP

女湯には露天がある『湯涌温泉総湯白鷺の湯』

出典:湯涌温泉格観光協会HP http://yuwaku.gr.jp/yu/

『白鷺の湯』は、気軽に入れる温泉施設。地域の公衆浴場で総湯と言われ、
観光客だけではなく、金沢市民も普段使いするほど、地元民からも愛されるローカルな温泉。

金額も大人(中学生以上)380円ととってもリーズナブル!!

男性用は内湯のみ、女性用は内湯と露天風呂があって、皮膚病、神経痛、筋肉痛、関節痛の方にもおすすめです。

その他にも、施設の外に無料で利用できる足湯もあるので、さくっと温泉を味わいたいという方におすすめ!
タオル、石けん、シャンプーなども販売しているので、手ぶらでも入浴できます!

リーズナブルに気軽に温泉が楽しめるので、ふら〜っと温泉を満喫!

湯涌温泉総湯 白の湯(しらさぎのゆ)

住所石川県金沢市湯涌町イ139-2
TEL076-235-1380
営業時間7:00~22:00
定休日毎月第3木曜日
入場料大人(中学生以上) 380円
中人(小学生) 130円
小人(6歳未満) 50円
Webサイト湯涌温泉観光協会公式HP

気軽に温泉を楽しみたい!

湯涌温泉は金沢市中心部から車で約30分くらいのところにあり、
金沢駅からバスで約50分(800円)や香林坊からバスで約40分(800円)金沢市内の観光を楽しんだ後に立ち寄ることも可能!

日帰りプランが充実していたり、利用料金がリーズナブルたっだりと気軽に楽しめるのが嬉しいですよね。
湯涌温泉は山の自然豊かな場所にあるので、都会の喧騒や日々のストレスを忘れて、のんびりと流れる時間を体感してみては?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 石川県金沢市!近江町市場付近のおすすめ駐車場を紹介しちゃいます!

  2. 12/23と24は小松市で初の暗闇ヨガ開催!極上のリラックス体験しませんか?

  3. 加賀商工会議所の婚活プロジェクト!を取材させていただきました。【Kagaみんサイトの紹介】

  4. 野々市市藤平田に、小松の人気サロンantiqa(アンティカ)のニューブランドサロン『anz Material Beauty』(アンジ― マテリアルビューティー)がオープン!

  5. 富山県小矢部市はメルヘンの街?外国風なメルヘン建築はとってもフォトジェニック!【その3】

  6. 富山県高岡市にある公園・ドライブスポット!豊富な施設で子供も大人も楽しめる!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Missing argument 2 for Posted_Display_Widget::widget_title_filter(), called in /home/storeink/favo-mag.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286 and defined in /home/storeink/favo-mag.com/public_html/wp-content/plugins/wp-posted-display/includes/wp-posted-display-admin-widget.php on line 352

Warning: Missing argument 3 for Posted_Display_Widget::widget_title_filter(), called in /home/storeink/favo-mag.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286 and defined in /home/storeink/favo-mag.com/public_html/wp-content/plugins/wp-posted-display/includes/wp-posted-display-admin-widget.php on line 352

Google翻訳対応


Warning: Missing argument 2 for Posted_Display_Widget::widget_title_filter(), called in /home/storeink/favo-mag.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286 and defined in /home/storeink/favo-mag.com/public_html/wp-content/plugins/wp-posted-display/includes/wp-posted-display-admin-widget.php on line 352

Warning: Missing argument 3 for Posted_Display_Widget::widget_title_filter(), called in /home/storeink/favo-mag.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286 and defined in /home/storeink/favo-mag.com/public_html/wp-content/plugins/wp-posted-display/includes/wp-posted-display-admin-widget.php on line 352

スポンサーリンク